FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

男性がゲンナリする女性からのメール9パターン

QS_20110706-183236.jpg
【1】絵文字が多過ぎて子供っぽい
毎回、文末だけではなく文中にも絵文字のオンパレード。すべての感情表現を絵文字に任せたようなメールを送ると、国語力を疑われる可能性があるでしょう。

【2】暗号文みたいで読むのが面倒
「は」を「Lよ」と打ったり「神」を「ネ申」と打つような特殊な文字表記は、たとえ友達の間で流行っていても、いきなり男性に送るとムダに混乱させてしまうでしょう。

【3】チャットみたいに返信が早くて焦る
男性にとって、女性がメールを打つ早さは驚異的。あまりにも素早い返信メールを送ると、男性は気を抜く暇がなくて疲れてしまうでしょう。

【4】文章が長く話題がてんこ盛りで、返信に困る
勉強や仕事で疲れているときに、1回のメールに3つの話題が盛り込まれているような長文メールをもらうと、男性はまるで居残りや残業を命ぜられたようにドッと疲れが増してしまうでしょう。

【5】メールだけで話を展開しようとする
面倒臭がりで論理的な男性は、長々とメールのやりとりを続けるくらいなら、電話をしたほうが早いと思ってしまうことも。むやみにメールで話を引き延ばすのは避けた方がいいでしょう。

【6】ブログみたいな、ささいな内容を送ってくる
「今日、友達とマックに行ったYO!」的な、「へぇー」としか言いようのない内容のメールは、何回も送ると読み捨てたくなってしまうでしょう。

【7】「私」ではなく「自分の名前」を使っている
「私」ではなく「自分の名前」で自分を表現するのは、アイドルやぶりっ子キャラの特技。うまくいけばハマりますが、硬派な男性には引かれてしまうでしょう。

【8】シモネタが面白過ぎて、恋愛対象外になる
「今日、先生に指されたときに屁が出ちゃったんだけどー」的な直球のシモネタは、爆笑を期待できるものの、女性として見られなくなる可能性があるでしょう。

【9】文末に「?」が多く、職務質問されている気分になる
疑問文は相手のことを知ったり、メールを繋げるうえで必要不可欠ですが、使い過ぎると男性は拘束されている気分になり、電波圏から逃げ出したくなってしまうでしょう。

30
2011

Comment

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。