FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

韓国男性、女性の恋愛の魅力と欠点(韓国歌手Rain(ピ)から)1

QS_20111012-131043.jpg
韓国男性、女性の恋愛の魅力と欠点(韓国歌手Rain(ピ)から)1

韓国と日本の似ている文化!まずはこれから!

世界で考えると最も近い日本と韓国
韓国と日本とでは言葉が違い、政治や歴史的に問題抱えているとは言え、欧米や南米の人に比べると、人間性や文化ははるかに近いため、日本人と韓国人はすぐに仲良くなれます。

日本人と韓国人は「全然違う」と思っていたのですが、たくさんの韓国人と友達になるにつれて、「世界の他の国に比べると日本人と韓国人は非常に似ている」と考えが変わりました。

基本的に欧米や南米の人は自分のことを第一に考えるのですが、日本人や韓国人は相手のことをまず考えます。「自分がこうしたら相手はどう思うだろう?」「相手に迷惑をかけたりはしないだろうか?」と。どちらが良い悪いかではなく、考え方の違いです。ただ、韓国人よりも日本人の方が相手のことを考える割合が圧倒的に多い気がしますが

私は海外で多くの外国人の友達と出会いましが、世界の中で見て日本人・日本の文化に一番近いのは韓国だと感じます。


日本人と外見が似ている韓国人
勿論日本と韓国には文化の違いがあります。ただ、世界的の他の国々に比べると明らかに文化や考え方は似ています。欧米、南米の人と100%言葉が通じたとしてもあまりにも文化の違いがありすぎて、お互いに理解できないことが多々あります。

欧米人と会った場合、彼らは髪の色や肌の色が日本人と違うことが多いですよね?何か日本人に対しては失礼なことをされても「文化が違うんだなぁ」と許せる部分が多いのですが、外見が似ている韓国人に同じことをされた場合には相手に日本の文化を求めてしまうことが多くあります。


韓国人に日本と同じを求めてしまう
韓国は日本に近く、韓国人は日本人と外見が似ているので、どうしても同じ返答や文化を求めてしまいがちです。日本人側の欧米人に対しての強要範囲と、韓国人の許容範囲、が違ってしまいます。

同じアジアですが、韓国と日本では文化は近いが違う部分があるということ認識が必要です。


尊重し合う
「だから韓国人は・・・」という言葉をよく耳にしますが、きっと韓国人も「だから日本人は・・・」と思っているはずです。そんな「だから○○人は・・・」ができるだけ減って、日本人と韓国人がお互いの文化を理解し、尊重しあえる関係になってくれることを願っています。


韓国人から学んだ韓国文化
韓国人の友達から韓国文化を学び、頻繁に韓国旅行をしている管理人が作成する「みんなが知りたい韓国文化」です。韓国文化を理解すると、韓国ドラマや映画、韓国旅行がもっと楽しくなります。

海外では日本人と韓国人は非常に仲が良くなりやすいですが、歴史(特に戦争)の話しが出ると、なかなか温和に解決が出来ません。


避けて通れない問題
「韓国文化を理解しよう」という事で、韓国を語る上でどうしても避けて通れないものがあります。

順調な日韓関係を維持していても、この歴史問題で一気に関係が悪くなってしまうこともあるぐらいです。


日本と韓国における戦争の歴史
それは歴史問題。日本と韓国は戦争において、数々の遺恨があります。日本の戦争開始の理由・原因が何であれ、日本兵によってたくさんの韓国人が亡くなっています。

そして戦争から50年以上が経過している今も、韓国側は「戦争の被害者」としての意識、日本側は「戦争の謝罪(金銭的なことを含めて)をしたのに韓国側が完全に受け入れない」という鬱憤はあります。


複雑な感情を持っている韓国人
私は日本人なだけに「彼らにはもう少し柔軟な考え方をして欲しい」と思うときもあります。ただ、これだけは言えるのですが、彼らの家族(祖父母、祖々父母)が日本政府せいで亡くなっています。

日本人によって亡くなったと言っても過言で貼りません。

個人に置き換えた場合、どんな理由であるにせよ「自分の家族を殺した人(政府)を簡単に許せるか?」ということになります。もうこれは時が解決してくれるのを待つしかないのかもしれません。


歴史と文化
最近では「歴史問題はあるが、日本の文化や経済は認めている」という韓国人が多いのも確かです。若者の中には日本のアニメやドラマ、音楽に興味がある人があり、日本が好きな韓国人もいます。


歴史の勉強
歴史教育という点では日本は歴史の勉強(現代史、戦争)不足。韓国人は現代史、特に戦争部分の勉強過多。これは両国の国民が悪いのではなく、国としての教育方針によるものです。

国の事情もあると思いますが、どちらの国が良い悪いということではなく、事実のみを教科書に書き、教育していくのが必要です。


危険な決め付け
日本では韓国についての書籍はたくさん出版されています。しかし、その中には古い情報だったり、偉い人が書いていて庶民の本当の姿が分からなかったり、「日本=正しい、韓国=悪い」、またはその逆の「日本=悪い、韓国=正しい」だったり、「韓国はこれ!」と本当は一部の人だけなのに、韓国人全員が「これ!」と決め付けてしまっている書籍が多くあります。

もちろん私や韓国人の友達が共感できる素晴らしい本もあります。

私もいろいろと韓国に関しての本は読みました。そして、その内容を元に韓国人の友達に聞いてみると「一部の人はそうだけど・・・」とか「昔の人はそうだけど・・・」と韓国人の友達から返事が返ってくることが多くあります。


その国の良い面と悪い面
本屋で反韓国の本を見ると当たり前ですが、韓国の悪いところが書かれています。それを読むと、「なんて韓国は悪い国なんだ」と思うかもしれません。もちろんその内容は本当のこと、またはそれに近いことでしょう(ときどき偽りの情報もありますが・・・)

ただ、どこの国にも悪い面と良い面があります。海外の人が反日本についての本を読んだら、「なんて日本は悪い国なんだ」と思うはずです。そういうやり方はフェアではありません。

どこの国だって悪い部分だけを取り上げれば、悪い国に感じてしまいます。


客観的に
どちらかの意見に寄っている書籍ではなく、韓国と日本の良い面と悪い面の両方を、客観的に取り上げている本であれば信頼ができます。

書籍の情報だけに惑わされずに、自分で正しいかどうかを判断してください。


日本と違う国
海外に出て思うことは、基本的に日本よりも清潔で規律正し国はありません。そういう点では誇りを持っていいと思います。いや、持つべきです。

ただ、他の国が日本みたいじゃないから批判するのは間違っています。良い面も悪い面も、その国の文化を理解することから、何事も始まると思います。

少なくとも、皆さんは韓国に興味があると思うので、理解していただけると思います。海外へ行くとき、外国人と接するときには客観的にものごとを見ることができる目が必要です。


日本と韓国の関係
日本と韓国は複雑な歴史的背景があるため、政府レベルでは簡単に友好関係が築けません。しかし、近年では個人レベルで友好関係を築きつつあります。そんな韓国と日本の関係を日本の幕末に置き換えて考えてみました。

「坂本龍馬」という名前をご存知でしょうか?名前ぐらいは聞いたことがあると思います。

江戸の終わり、いわゆる幕末。今では当たり前の日本という国の姿はなく1つの藩(県)が1つの国でした。 それらを江戸(東京)の徳川政権がまとめているという体制です。

徳川政権の独裁政治に疑問を感じた人々がいましたその時代に活躍したのが土佐藩(高知県)出身の坂本龍馬。彼は様々な方法を使って倒幕(江戸幕府を倒すこと)をしようと試みました。

その一つが薩長同盟。当時、薩摩藩(鹿児島県)と長州藩(山口県)が倒幕を実現できるだけの軍隊、人物があるとされていました。

ただ、その2つの藩は因縁があり犬猿の仲。世間はもちろん、江戸幕府でさえ、薩摩藩と長州藩が手を握るなどとは考えもしませんでした。

その薩摩藩と長州藩に同盟をさせたのが坂本龍馬が中心となって動いた薩長同盟なのです。

その際に坂本龍馬は義(人を思いやる心)で薩摩藩と長州藩を説いても、動くことはないと考え、経済の結びつきと目標(ここでは倒幕)を説いて、2つの藩を近づけさせました。


日本と韓国
日本と韓国は歴史的な背景があるため、政府レベルではすぐに仲良くなるのは難しいかもしれません。まずは、経済的に相手の重要性を認め、それに伴い親交を深め、お互いに少しずつ距離が近くなることを願っています。
12
2011

Comment

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。