FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

性病の正しい知識 - 性病の豆知識

QS_20111010-112608.jpg
性病の正しい知識 - 性病の豆知識

性病(性感染症)に関する豆知識や雑学などをご紹介。

性病・性感染症の種類

クラミジア感染症
クラミジア感染症は性感染症の中で最も多いと言われています。特に十代の若者の間では爆発的に増加中で、日本国内の感染者は100万人を超えているといわれています。また、クラミジア感染症の感染者の約半数が自覚症状が無いと言われており、自覚症状が無いまま性行為を繰り返すことにより感染者数を増加させています。

クラミジア感染症の症状

男性の症状
排尿時に痛みや熱を感じる
尿道から透明な膿が出る

女性の症状
黄色っぽいおりものが増える
性交時の痛み

クラミジア感染症は上記のような症状が現れますが、自覚症状が無いことも多く発見が遅れる場合もあります。しかし、自覚症状が無いからと放置しておくと、男性の場合は前立腺炎・副睾丸炎・肝炎・腎炎、女性の場合は子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎や子宮外妊娠・不妊などの原因となることもあります。また、男女ともにクラミジアに感染しているとHIVや他の性感染症に感染する確立が高くなるので早期に発見し早期に治療することが望ましいです。

クラミジア感染症の原因・感染経路
クラミジア感染症はクラミジア(細菌)が尿路や性器に感染することにより引き起こされます。通常の性行為での性器の接触により感染するほか、フェラチオやクンニなど粘膜の接触でも感染します。

クラミジア感染症の治療方法
クラミジア感染症に感染してしまった場合は、抗生物質や抗菌剤を2週間程度投与する事で治療します。症状は治療を始めて数日で治まることが多いですが、自己判断で途中で治療をやめてしまうと、細菌が完全に死滅していなく症状が悪化する場合もあるので医師の診断により最後まで治療することが大切です。男性の場合は泌尿器科や性病科、女性の場合は産婦人科や性病科で治療します。

クラミジア感染症の予防
クラミジア感染症の予防は性交時のコンドームの着用が有効です。しかし、フェラチオやクンニなど粘膜の接触でも感染することもあるので、不特定多数との性行為を避けることが一番の予防法です。


淋菌感染症(淋病)
淋菌感染症は一般的には淋病と呼ばれことが多い性感染症です。1990年代後半から感染者が増加してきており、感染者20~30%はクラミジア感染症と同時感染しています。淋菌感染症の感染者は10代後半から20代の男性に多い傾向がありますが、女性が感染した場合は不妊症や子宮外妊娠の原因となってしまう場合もあるので注意が必要です。また、最近はアナルセックスなどによる直腸への感染、フェラチオなどの行為によって咽頭への感染も増えています。

淋菌感染症(淋病)の症状

男性の症状
排尿時に激しい痛みを感じる
勃起時に激しい痛みを感じる

女性の症状
おりものの増加
下腹部の痛みや発熱

淋菌感染症は上記のような症状が現れますが、自覚症状が無いことも多く発見が遅れる場合もあります。特に女性の場合は、不妊症や子宮外妊娠の原因になることもあります。また、出産時には母子感染を起こすこともあり、新生児に感染した場合は失明などの危険もあるので妊娠時には特に注意が必要です。

淋菌感染症(淋病)の原因・感染経路
淋菌感染症は淋菌に感染することにより引き起こされます。通常の性行為での性器の接触により感染するほか、フェラチオやクンニなど粘膜の接触でも感染します。また、ごく稀ですが、大衆浴場などで感染が確認されたこともあります。

淋菌感染症(淋病)の治療方法
淋菌感染症に感染してしまった場合は、男性は泌尿器科、女性は婦人科で治療を行います。主に抗生物質の服用や注射を3日~2週間程度続けるだけと比較的簡単な治療ですが、完治する前に治療をやめてしまうと耐性菌の出現により治療が難しくなることもあるので、医師の指示に従って必ず最後まで治療を行うことが必要です。

淋菌感染症(淋病)の予防
淋菌感染症の予防は性交時のコンドームの着用が有効です。しかし、フェラチオやクンニなど粘膜の接触でも感染することもあるので、不特定多数との性行為を避けることが一番の予防法です。


性器ヘルペス
性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染することによって、性器などに水泡ができる感染症です。ヘルペスにはⅠ型とⅡ型の2種類があり、以前は上半身に感染するヘルペスがⅠ型、下半身に感染するヘルペス(性器ヘルペス)がⅡ型と分類されていましたが、最近ではフェラチオやクンニなどの普及によりⅠ型、Ⅱ型ともに口、性器、お尻などの周辺に感染するようになってしまいました。また、性器ヘルペスは、よほどの重症でない限り治療を始めてから1週間~2週間程度で治りますが、心身の疲労やストレスがきっかけで再発することがとても多いので、一度感染してしまったら注意が必要です。Ⅱ型のヘルペスに感染してしまった場合は1年以内に8割以上の人が再発すると言われています。

性器ヘルペスの症状
性器ヘルペスは主に下記のような症状が現れます。また、症状が現れるまで2~10日間程度の潜伏期間があります。

性器周辺に、ひりひり感、むずがゆさ、灼熱感、痛みなどを感じる。
性器や口唇など感染部分に小さな水泡が複数できる。
稀に38度以上の発熱や激しい頭痛を伴うことがある。
女性の場合は排尿時に痛みを感じることもある。

性器ヘルペスの原因・感染経路
性器ヘルペスは、主にヘルペスウイルス感染者との性行為により感染します。性器同士の接触のほか、フェラチオやクンニなどにより口から性器に、あるいは性器から口に感染することもあります。また、自分自身の口唇のヘルペスを手で触ってしまい、そのまま性器を触ることにより性器にすることもあります。

性器ヘルペスの治療方法
性器ヘルペスは抗ヘルペス剤を服用することにより1週間~2週間程度で治る場合がほとんどです。しかし、心身の疲労やストレスがきっかけで再発することもありので、専門の病院でしっかりと治療をすることが大切です。また、発熱や激しい頭痛などを伴う場合は入院が必要なこともあります。

性器ヘルペスの予防
性器ヘルペスの予防は性交時のコンドームの着用が有効です。しかし、フェラチオやクンニなど粘膜の接触でも感染することもあるので、不特定多数との性行為を避けることが一番の予防法です。また、心や身体の疲労時にも感染しやすいので、しっかりと休息をとることも大切です。


尖圭コンジローマ
尖圭(せんけい)コンジローマはまだまだ知名度の低い性感染症ですが、最近は急速に感染者が増えてきており、特に女性の感染率が増加傾向になっています。 また、悪性ウイルスの場合は子宮頸ガンの原因となることもあるので注意が必要です。尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染して起こる性感染症で、性器や肛門周辺にイボ状のものが多数できます。

尖圭コンジローマの症状
尖圭コンジローマは、一般的には感染後2~3ヶ月の潜伏期間を経た後、性器や肛門周辺に弾力性のある小さなイボ状のものができます。自然治癒する場合もありますが、ほとんどの場合は、そのままにしておくと次々と新しいイボが増殖していき、かたまりが大きくなるとカリフラワー状になることもあります。
また、尖圭コンジローマは性器や肛門付近にイボを形成する以外の自覚症状がほとんどありませんが、ごく稀に症状が悪化して炎症を起こした場合は、痛みや痒みを感じることもあります。

尖圭コンジローマの原因・感染経路
尖圭コンジローマの主な感染経路は、HPV感染者とのコンドームを使用せず行う性行為が原因です。また、性器の周囲に潜伏しているウイルスが皮膚や粘膜にある小さな傷に侵入して感染することもあります。

尖圭コンジローマの治療方法
尖圭コンジローマの治療は、イボが小さくて少数なら軟膏を塗って治療します。イボが大きくなってきた場合は、液体窒素による凍結手術、レーザーや電気メスによる切除などが行われます。

尖圭コンジローマの予防
尖圭コンジローマは、コンドームの使用が有効的な予防となりますが、性器の周囲に潜伏しているウイルスが皮膚や粘膜にある小さな傷に侵入して感染することもあるので、コンドームの使用だけでは100%感染を防ぐことはできません。特定のパートナー以外とは性行為を行わないことが大切です。


梅毒
梅毒(ばいどく)は以前は代表的な性病(性感染症)でしたが、特効薬のペニシリンが発見されてからは感染者が激減し、現在では性感染症感染者全体の1%にも満たない感染率です。 しかし、梅毒は症状が悪化すると脳や心臓に重大な障害を与えるので、早期に発見して早期に治療する必要があります。また、最近は若者の間で梅毒の感染が増加しているとの報告もあるので注意が必要です。

梅毒の症状
梅毒は、最初は軽い症状しか現れませんが、治療をせずに放置しておくと、第1期、第2期、潜伏期、第3期と段階的に病状が進行していき、最終的には第4期に至り死亡することもあります。

第1期
梅毒に感染後3~4週間ほどの潜伏期間を経て、性器周辺や口など感染した部分に小豆大の赤いシコリが出来ます。これは4~6週間ほどで消えて無くなりますが、潜伏化しただけで治ったわけではありません。

第2期
感染後6~12週間ほどすると、全身の皮膚に赤い斑点がまばらに現れたり、感染部にシコリができたりします。また、発熱や頭痛、倦怠感、喉の痛みが現れたり、後頭部の脱毛などの症状が現れることもあります。

潜伏期
第2期が終わると、数週間から数年間にわたり、潜伏期間に入り症状は現れませんが、稀に第2期の症状を繰り返すことがあります。また、潜伏期間は人により様々ですが、早ければ数週間後、遅いと数十年の潜伏期を経て第3期へと症状が進行します。

第3期
潜伏期を経て第3期へと進行すると、筋肉、骨、内臓にゴムのような腫瘍ができ、鼻の陥没や視力の低下などの症状が現れることもあります。

第4期
臓器に腫瘍が発生したり、脳や神経を侵され痴呆となり、生活が困難となり死亡することもあります。

梅毒の原因・感染経路
梅毒は主に、性行為によって性器や口の粘膜、皮膚の傷などから、梅毒トレポネーマという細菌が進入することにより感染します。また、ごく稀に食器からの感染や輸血による感染もあります。
梅毒の治療方法
梅毒の治療は、第1期、第2期、あるいは潜伏期であればペニシリン系の抗生物質を数週間ほど服用するだけで比較的容易に治療することができます。しかし、第3期になってしまっ場合は治療が困難となってしまうので早期に発見し、早期に治療することが大切です。

梅毒の予防
梅毒は、コンドームの使用が有効的な予防となります。しかし、梅毒はフェラチオやクンニなどの口を使った行為、あるいは性器以外の傷口などからも感染するので、不特定多数との性行為を控えることが大切です。


HIV感染症
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)は、人の免疫細胞に感染し免疫細胞を破壊して、最終的には後天性免疫不全症候群(AIDS・エイズ)を発症させるウイルスです。 HIVは、感染してもほとんどの場合が風やインフルエンザのような症状なので、AIDS(エイズ)を発症するまで感染に気がつかないことも多くあります。しかし、AIDS(エイズ)を発症してしまうと2~3年で死亡してしまう恐ろしい感染症 なので注意が必要です。もし、HIVに感染しても早期に発見し早期に適切な治療を行うことによりAIDS(エイズ)の発症を抑えることができるので定期的にHIV抗体検査を行うことをおすすめします。

HIV感染症の症状
HIVに感染すると、感染から2~3週間後くらいに、下痢、頭痛、吐き気、嘔吐、体重減少、関節痛などの風邪やインフルエンザのような症状が現れます。しかし、これらの症状は早ければ2~3日、遅くても2~3ヶ月ほどで治ってしまいます。しかし、これは完治したのではなく、ウイルスが体の中に潜伏しているだけです。
その後、しばらくは症状が現れませんが、HIVに気がつかず放置しておくと数年後には後天性免疫不全症候群(AIDS・エイズ)を発症し、最初は熱がでたり、リンパ節が腫れたり、肺炎を起こしたりします。そして、通常なら問題にならないような細菌やウイルスによりさまざま感染症を引き起こし、最終的には死に至ります。

HIV感染症の原因・感染経路
HIV感染症は、HIVを含んだ性分泌液(精液や膣分泌液)が、性器や口などの粘膜に触れることにより、血液中にHIVが侵入して感染します。また、男女のアナルセックスや男性同性愛者の肛門性交は、直腸粘膜は膣粘膜よりも薄く傷つきやすいため感染率は高くなってしまいます。その他にも、最近では、麻薬や覚醒剤中毒者間の注射針の使い回しによる感染者が増加して問題となっています。このような場合は99.9%感染すると言われています。

HIV感染症の治療方法
HIV感染症の治療は、残念ながら今現在は完治するような治療方法は見つかっていません。しかし、後天性免疫不全症候群(AIDS・エイズ)を発症する前であれば、抗ウイルス薬などによりAIDS(エイズ)の発症を抑えることができます。また、HIVに対する医療の発展はめざましく、新薬や治療法など日々進歩していますので、万が一にもHIVに感染してしまっても諦めずに根気よく治療することが大切です。

HIV感染症の予防
HIV感染症は、コンドームの使用が有効的な予防となります。しかし、フェラチオやクンニなどの口を使った行為などからも感染することもあるので、不特定多数との性行為を控えることが大切です。また、前述したように、麻薬や覚醒剤中毒者間の注射針の使い回しによる感染者が増加しているので、そのような行為は絶対に行わず、そのような行為を行っている人にも絶対に近づかないべきです。


毛じらみ
毛じらみは体長約1~2mmのシラミが陰毛に寄生し、陰毛周辺の皮膚から吸血するので非常に激しい痒みが生じます。 毛じらみは性行為で感染することが多いため性感染症として扱われていますが、銭湯や温泉など集団で入浴する場合などでも感染することがあります。

毛じらみの症状
毛じらみは、陰毛の周辺に非常に激しい痒みが生じます。シラミが皮膚から吸血するので皮膚から出血することもあります。

毛じらみの原因・感染経路
毛じらみは、ほとんどの場合は感染者との性行為によって、シラミが自分の陰毛に付着します。しかし、シラミは陰毛から離れも48時間ほどは生きているので、感染者の下着やバスタオルなどに触れることにより感染することもあります。

毛じらみの治療方法
毛じらみは、陰毛や周辺の毛を全て剃ることで駆除します。しかし、完全な剃毛が難しい場合などは、シラミ駆除剤のスミスリンを陰毛部分に散布することを2週間ほど続けて駆除します。また、自分が感染していた場合は、ほぼ確実にパートナーへも感染しているので、再び感染することを防ぐためにも必ずパートナーと一緒に治療を行う必要があります。

毛じらみの予防
毛じらみは、他の性感染症のようにコンドームでは感染を防ぐことはできません。信頼のおける相手以外とは絶対に性行為を行わないことが一番の予防策です。また、身の回りに治療中の感染者がいる場合は衣類やバスタオルの共有をしないようにしてください。


性病の豆知識一覧

コンドームの名前の由来
コンドームの名前の由来には複数の説がありますが、最も有力な説と言われているのが英国の医師「コンドーム」の名前に因んでつけられたというものです。イングランド王だったチャールズ2世は、ブラガンサ王朝の王女カタリナと結婚しましたが、2人の間に子供は生まれませんでした。しかし、チャールズ2世には数多くの愛人がいて、これらの愛人との間に認知しただけでも14人もの子供が産まれました。また、認知していない子も含めたらもっといたとも言われています。これを見かねた殿医のコンドームが牛の腸膜を使った避妊具を1671年に開発したのがコンドームの由来だと言われています。

コンドームは捨てる前にチェック
性行為の後、使用済みのコンドームをすぐに捨てていませんか?もちろん、コンドーム使ったら捨てるのは当たり前ですが…、だけどちょっと待ってください。コンドームの使用後のチェックもとても大事なことです。まずは、破れていないかどうかを確認。次に、精液に血液が混じっていないかどうかを見てみましょう。もし混じっていたとしたら、尿道炎や前立腺異常、クラミジア、性器ヘルペスなどの可能性があります。もし、コンドームをチェックして普段とは違う何らかの異常を発見したら早めの検査をお勧めします。

性病の感染力
性病の原因となる病原菌は、他の病気の病原菌などとは違い基本的には感染力がとても弱いものばかりです。そのため性行為などのような直接的な接触がない限り相手にうつる心配はありません。

最近の性病の傾向
最近は、若年層への性病の感染が増加傾向となつていますが、フェラチオなどのオーラルセックスによる喉への感染や無症状のために気づかないケースがとても多いと言われています。また、パートナー数の増加によりさらに感染者を増加させていることも考えられます。性病から自分や大切なパートナーの身を守るために不特定多数との性行為を避けること。そして、定期的に性病の検査をすることをお勧めします。


08
2011

Comment

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。