FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

クンニが嫌い女性に必見!男性は試してみる価値有り!

QS_20111007-123931.jpg
クンニが嫌いな女性に必見!

女の子に聞いた「こんなクンニはイヤだ!」

クンニが一番簡単に女の子をイカせられるのは本当だけど、だからってクンニするときすぐにクリトリスに飛びつくのは感心できないです。アソコの周りは性感帯が集中してるので、まずはそこから攻めて欲しいです。女の子は“クリトリスにとらわれない”ことで、ゾクゾク期待感が高まったりアソコがビショビショになったりもするんです。彼女に「早くクリちゃんも舐めて~」と言わせて初めて彼女の感度はMAXまで高められます。

クンニのテクニックはとっても大事!
クリトリスを舐めてイカせるのは、女の子をイカせるテクニックの中では一番簡単な方法です。でも簡単だからといって男の人がみんな上手いかっていうとそんなことありません。ヘタクソでも乱暴にしなければ結構気持ちいから女の子も文句を言わないからかな?

“最高のオーガズム”を女の子に体験させて虜にしよう!ってことがメインの目的なんだけど、クンニがヘタクソだと絶対にそんなこと不可能です!クンニでは“最高のオーガズム”は体験できないけど、“最高のオーガズム”のためにはクンニが上手くならないとダメです。

クンニの前のじらし方・・・
足の付け根の太もも内側はゾクゾクとした気持ちよさがあります。特にアソコとの境目まずは気持ちいので、アソコの遠くからじわじわ近づきながら攻めてみましょう。舌先でかすかに触れるようにして彼女にゾクゾク感を与えていってください。口で軽く皮膚に吸い付いて、吸い付いた口の隙間から舐め舐めしつつ移動させるのも感じちゃいます。

クリトリスの前に・・・
女の子の期待感が高まったらアソコを舐めていきます。だけどまだクリトリスはおあずけです。小陰唇や膣口をじっくり舐めて欲しいです。小陰唇や膣口をゆっくりと時間をかけてじ~くり舐められるとマリアはクリちゃんがジンジンしだしてたまらなく切なくなっちゃいます。この感覚があるとないでクリちゃんを舐められたときの気持ちよさが全然違うので、ゆっくりじっくり舐めてあげてくださいね。

クリトリスをクンニ・・・
最後にクリトリスをぺろぺろしちゃってください。舌の動きとかのテクニックは後回しでいいです。順序のほうが大事です。これが出来てたらSEX初心者は卒業です。

女の子に聞いた!こんなクンニはイヤだ!
お友達ネットワークで「こんなクンニはいやだ!」アンケートを行いました。参考になると思うので男の人は気を付けましょう!

・歯が当たる!噛む馬鹿もいる!
・ひげが痛い!(かなりの不評です!)
・クリトリスを強く吸うのはやめてほしい。
・舌をアソコに入れようとする。必死すぎ!
・時間が短い。
・クリばっかり舐めてヒリヒリする。
・わざとらしく音立ててしらける。
・優しく出来ないお子ちゃまが多い!


クンニでイカせるテクニック

クンニリングスとは女性器を舌で舐めて愛撫することです。性器を直接舐められることを嫌がる女性は確かにいます。特に生理直後は匂いやオリモノなどが気になるのか、顔を近づけても逃げるだけです。

そんな女性にクンニをしても、その女性自身が興奮しないので、男性のエゴだけの愛撫になってしまいます。胸から、腹、そして徐々に下に顔を近づけ、そこまできて嫌がるような素振りをみせたらクンニをすることは諦めましょう。

しかし、できるならばやってあげるととても効果があります。クンニの最大のメリットは、指よりも柔らかい舌を使って愛撫することで、とても深い快感を与えることが出来ます。また、濡れにくい女性も、唾液でべちゃべちゃにすることで、その後の挿入が容易になるというメリットもあります。可能ならば、できるだけ前戯のなかに組みこみたい必須テクニックと言えるでしょう。

クンニリングスは、時間をかけることが大切なポイントです。クンニだけでイカせるつもりなら、15分は必要と覚えておきましょう。決してあせってはいけません。女性の快感は、同じことを繰り返すことでしだいに盛り上がってくるので、口でイカせるつもりならじっくりと構えましょう。

舌先でクリトリスを転がす、舌の腹で舐めあげる、舌をすぼめて出し入れする、指でGスポットを刺激しながら、舌でクリトリスを舐めるなど、色々なクンニの仕方が考えられます。いずれにしても、決してあせらず、時間をかけることがポイントです。

クンニでイキそうになると、イクことへの不安感からか、たまに逃げるようなしぐさをする女性がいます。オーガズムの経験が少ない女性が特にそのような行動をとります。そういった女性をイカせるときは、足や腰を自分の両腕でしっかりと固定します。女性を仰向けの体勢にしてクンニしている場合は、両腕を太ももの下から巻き込んで、しっかりと拘束します。そうして、逃げられない体勢をつくってからイカせるために最後の追い込み体勢にはいります。

クンニで一度イカせた後にペニスを挿入することで、今度は痙攣するほどイカせることも可能です。


最高のクンニリングスの仕方

1.まわりから攻めよう
男性の愛撫が女性の性器へ近づく頃は、女性の興奮も絶好調に高まっているはずです。脈拍もかなり早くなり、息も荒くなっています。声もいつもと違い喘ぎ声だったり、上ずったりしてきます。性器自体も、熱く充血し、大陰唇も小陰唇も、大きく膨らんで、愛液もたっぷり流れているに違いがありません。

ここで、最後の仕上げとなるのは、クリトリスへの愛撫。クリトリスには、たくさんの神経が集まっており、その敏感さは、他の性感帯とは、比べ物にならないほどです。クリトリスへの愛撫は、男性の指や唇、舌などのあらゆるテクニックを駆使し、女性を絶頂へと導く、最大のセックスイベントとなるものです。

男性は、片方の手で、女性の乳房を愛撫し,もんだり,乳首にキスをしたりしながら、もう一方の手は、徐々に下腹部に移動させ、下腹部を軽く撫でて、ヘソくすぐり、そして陰毛を撫で、恥丘をすべらせいよいよ外陰部へと迫るのです。このとき、いきなり外陰部を愛撫するのではなく,まず陰毛や恥丘をさするように優しく愛撫します。それから内ももへと及び、ここでも手のひらで、さすったり、揉んだりしながら、まず性器の周辺から攻めるのです。ごめんなさいクンニはこれから。焦らして焦らして愛液が溢れんばかりになってからね。

2.手で攻めよう
男性の手が、外陰部に近づくにつれ、女性は、いよいよと言う期待感に膨らんだり、なれない場合は,不安や恥ずかしさが、頭をよぎり、股をしっかり閉じようとしたり、上づさりしたりする事もあるかもしれません。

しかし、もしこういう抵抗があっても力ずくで押さえてはいけません。あくまでも優しく、ソフトに時間をかけることです。この優しくソフトな周辺からの愛撫によって緊張がほぐれ、しだいに女性の方から、太ももを開き始め、男性の指を受け入れるようになるのです。

そうなったら,始めは手のひら全体で、性器を包み込み、フタをするように優しく包み込み、さするようにていねいに愛撫してください。このとき忘れてならないのは、口や片手で、乳房への愛撫です。口と両手は、女性の愛撫から休ませてはなりません。女性にとっては、こうした複合的な刺激が、エクスタシーにいたるステキな快感なのです。

どこか一つ愛撫がなくなると、快感の高まりが低くなっていく場合があります。クンニはまだだよこれから。焦らして焦らして愛液が溢れてきたでしょ。

3.大陰唇、小陰唇を攻めよう
女性器への愛撫でまず触れる所が、大陰唇なのです。ここはヴァギナをおおう花びらのようなヒダで出来ており、女性の大切な性感帯です。男性の手が、乳房から下腹部へ下りてきて、興奮で,大きく膨らんだ、この大陰唇、小陰唇、への愛撫でいよいよヴァギナへの扉を開くのです。その愛撫は、まず人差し指、中指、そして薬指の3本で、大陰唇をおおいます。3本を合わせた指幅は、ちょうど性器の幅とも同じになり、女性は、この3本の指から熱いものを感じます。そして、人差し指で、大陰唇をゆっくりと撫でるのです。

既に、ヴァギナは、愛液で濡れ、男の指にも暖かな感触が伝わることでしょう。ここまでくれば、次は、小陰唇です。大陰唇を人差し指と中指で開くと、たっぷりと濡れた小陰唇に達します。小陰唇もたいへん敏感な性感帯なので、ここへの愛撫も優しく、あくまで時間をかけてゆっくりが原則です。ヴァギナからあふれている愛液を指につけて、すべるように撫でると良いでしょう。ふっくらとした小陰唇が、快感が深まるにつれてさらに充血し,膨らんできます。ここで殆どの女性は、喘ぎ声を出し始めます。大陰唇,小陰唇への愛撫は、舌で行う事も大切です。まず、大陰唇を丁寧になめることから始めてください。上下に何度も舐めるのもいいのですが、できれば舌を巧みに回転させてください。

4.クリトリスを攻めよう
クリトリスへの刺激は、優しく、ゆっくり時間をかけてが基本です。この部分の性感は男性の亀頭の10~20倍位あるといわれそれだけに強い刺激は、禁物なのです。強すぎると、気持ち良さより痛さが出てくるのです。クリトリスへの愛撫は、おもに人指し指と中指を使います。そして指先で、「の」の字を描くように、揉むような刺激を与えます。女性の呼吸は、さらに荒くなり、クリトリスも勃起したような状態になってきます。そうなったら、今度は、二本の指で、軽くはさんだり、、摘み上げるようにしたりと、刺激にも変化を持たせます。つんつんと軽く触れるように叩く方法も効果的です。

また手のひらで、先端部分が軽く当たるようにさするのも効果があります。そして次に舌の出番がやってくるのです。顔を、女性の性器に近づけ、口や鼻で性器をくすぐるように愛撫しさらに舌の先で、つつくように刺激します。もちろん大陰唇、小陰唇も舌で舐めるように愛撫してください。こうなると女性の太股は、大きく開かれ、大胆なポーズをとるようになります。クリトリスを舌の先で突っつくだけでなく、吸ったり,優しく軽くかんだり、変化を持たせて下さい。この時も、片手は乳房の愛撫を忘れないで下さい。

5.ヴァギナを攻めよう
大陰唇、小陰唇、クロとリスの愛撫の次は、ヴァギナです。だからと言って、すぐに指を入れるような愛撫はいけまん。入り口をじっくりと愛撫し、それからおもむろにヴァギナ自身への愛撫へと進めてゆくのです。大陰唇、小陰唇、クリトリスへの愛撫によって、ヴァギナはペニスの挿入を待っているかのように愛液でベチョベチョに濡れているはずです。もし余り多いようであれば、ティッシュで軽く拭いてあげると良いでしょう。さて、ヴァギナ自体はそれほど敏感なところではありません。胎児が通過する事を考えても,本来は鈍感な所かもしれません。では、どう攻めるかを説明いたしましょう。

まず、大陰唇と小陰唇を指で静かに開きます、そしてヴァギナの入り口を愛液を上手く利用しながら、撫でるように,さすります。ここは、クリトリスとは違って、多少強めに刺激してもかまいません。そしてヴァギナの内部のヒダを確かめるように中指を優しく挿入するのです。ここでは、指を動かす事は、まだ早いのです。(あまり経験のない女性であれば、指1本でもOK)もう1本の人差し指を入れてからでも遅くはありません。人差し指は、中指に沿うようにゆっくりと挿入します。それから2本の指で、ヴァギナの中を愛撫するのです。2本の指を入れたり出したり、、あるいは、中で、交互に動かしたり、内部のヒダを確認するように2本の指を回転させるのです。この動かし方は、少々強めに刺激してもよいのです。

ここで気をつけたいのは、挿入と言っても、それほど奥まで入れずに、入り口付近で楽しむと言う事です。このじらしたような刺激には、いかに鈍感なヴァギナでも、快感です。それと本格的な挿入を欲しがるようになるのです。そして、最後に指を抜き、今度は手のひら全体をヴァギナの上にかぶせます。かぶせた手のひらをまるで、子宮を突き上げるかのように、強く押し上げれば、性器全体への刺激と挿入への期待で、エクスタシー寸前になり、女性によっては、「早く入れて~!]となってゆきます。


駐屯クンニの仕方と実践ポイント

クンニの仕方として「駐屯クンニミルク法」というのがあります。これはうまくできれば効果絶大であり、特に次に行ったホテヘルで成功したので、話の都合上、ここで紹介しておこう。

まずは命名の由来。「駐屯」とは、別に兵隊がどっかに駐屯しているイメージではない。「ちゅう」とはクリトリスを吸うこと、「とん」とは舌でクリトリスをとんとたたくこと、これを交互に行う。吸ってたたく、吸ってたたく。その動作が、ちょうど赤ちゃんが乳首で乳を飲むときの飲み方に似ているので、クリトリスで乳を飲む、という意味で「くりミルク」と言う。

もともとは2チャンネルの「男性がクンニする時のきぶんって??」というスレで、2002年の10月25日にある女性から投稿された質問から始まった。その人は、その特殊なクンニをされ、それなしでは生きられなくなったのだが、そのテクニックが果たして他の人も知っているものなのか、それともその彼だけの特殊なものなのかを聞いてきたのだ。

まあ、そのスレでもう一人、同じような体験を持つ女性との間で何度かやり取りがあり、そのうちに段々明確になってきた。というのは、そのテクは余りにも気持ちがよくて、すぐに冷静ではいられなくなり、どうされているかも分からなくなってしまうのだと言う。男の方は、「君は知らなくていいよ」と言ってどうしているかを教えてくれない。そのため秘密のペールに包まれていたらしい。

この「ちゅう」と吸って「とん」とたたくのを、一秒間に3回から5回の割合で行う。ちゅう、とん、ちゅう、とん、ちゅう、とん。2分か3分やると、もう頭が真っ白になるそうだ。口というか唇はベタっとクリトリス周辺にくっついている。そうしないと吸うことがてきない。「とん」の方は、舌でクリトリスに一定の間隔で機械的にパルスを送るような感じだという。

これがなかなか難しい。特に舌でクリトリスにパルスを送るのが、どうもぺろっと舐める感じになってしまう。舌でクリトリスをはじくようにするといいという意見もある。だが、はじくといっても、なかなかうまく行かない。

また、吸うのと交互にするのも難しい。一度クリトリスを吸ったまま、クリトリスとを突起させ、それを舌でとんとんとんとたたくことになってしまう。

交互にやる場合には、「くちゅくちゅくちゅ」という音をたてて、吸いながら舐めるようになるが、これはカリスマAV男優加藤鷹がよくやっているテクニックだ。彼のAVを見ると、よくそういう音を立てている。

しかし、どうも駐屯栗ミルク法では、音はでないで、機械的にパルスが送られてくるそうだから、加藤鷹のやり方とは違うらしい。

とにかく、これはいつも成功するわけではない。というか、女性のクリトリスの大きさや形、皮の被り方の違いがあって、いつも同じようにできるわけではない。しかし、これがはまると、あっという間に足をふるわせ、腹筋を痙攣させて逝ってしまう。

いつでもそれが決まるように、今後もトレーニング、トレーニング。

駐屯クンニの実践ポイント
どんなやりかたしたって、女性が気持ちよければそれでいいのであって、唯一の正しいやり方というのがあるわけでない。正しい駐屯クンニ、こうでなければならないという規則はない。

それでも、うまく行かない人がいるとすれば、一応基本に戻って練習してみるのも役に立つかもしれない。ということで、まずは駐屯クンニの基本を段階を追って練習してみよう。

まず、「ちゅう」の方は無視して、「とん」だけをできるようにする。人差し指の第二関節を少し曲げたところの上下を上下の唇で軽く触れる。舌先を下から上に向けて、関節を弾くように動かす練習をする。最初はゆっくり(1秒間に1回くらい)形を覚えるようにし、慣れてきたらスピードを速くする(1秒間5回くらい)。力は入れずに、ぴんぴんぴんぴんと舌先で弾くことができるようにする。

次に、唇で人差し指を挟み、空気が漏れないように密閉する。そして、1秒間に1回くらいの割合で、吸う。吸うといっても、空気の出し入れがないので、実際には引っ張るような感じになるだけ。実際に何かが吸い込まれるわけではない。真空の中をあるテンポできゅっきゅっきゅっと吸い込むような力を加える。ただし、軽く。

次に吸うのと舌で弾くのを交互に行う。1秒間に1回、上の要領で吸ったら、力を抜いて、今度は1秒間に1回、舌先で関節を下から上へ弾く。これを交互に行う。 上の交互の「ちゅう」と「とん」ができるようになったら、徐々にスピードアップする。くちゅくちゅくちゅくちゅという感じで「ちゅう」と「とん」の組みが1秒間に3回から5回程度できるように少しずつスピードを上げていく練習をする。

これはあくまでシミュレーションであり、感覚を掴むための練習にすぎない。現実のクリとその周辺は、指とは感触が違う。そこで、上で覚えた「形」を現実に適応すべく、実際の女性を相手に数回のセックスで練習を積めば、駐屯クンニの基本形を完成させることができるだろう。多少の音はするが、音をさせることを目標にしてはならないし、顎もあまり動かしてはならない。できるだけ力を抜いて行うこと。そうしないと持続することはできない。

やんわりクンニについては、基本は駐屯と違い「吸う」という必要はない。注意点を挙げると

普段、舌を左右に動かすとき、振動させるようなスピードで動かしているとすれば、それは速すぎる。一定のスピードで動かすとなると、ゆっくりよりも、てててて、という感じ、あるいはさ、さ、さ、さ、という感じで素早く動かしたくなる。しかし、それでは男性も女性も快感をじっくり味わう余裕はない。舌先でクリトリスを左右にゆっくり揺するような感じで動かして始めて、クリトリスの感触を両者が楽しむことができる。

最初は全く吸う必要はない。というか、吸うとクリが露出するので、痛がる可能性がある。何事も最初はソフトに。皮の上からでもいいから、唇をまんこにつけずに、舌先だけをクリにあて、クリごと左右にゆっくり振り動かす。しかも力をいれずに。力を入れると疲れて持続できない。

また、左右に弾くわけでもない。弾くのではなく、クリトリスの上に下を載せたまま、左右にゆっくり揺する感じた。だから、いずれにせよ、駐屯横舐めにはならない。 女性が興奮してきて、駐屯クンニと組み合わせる段階になったら、駐屯のときの唇の吸着のまま左右に揺するので、結果的にやや吸い気味になる。しかし、それは必須ではない。大事なのはやんわりクリを動かすこと。

常にできるだけの時間を左右の動きに終始する。疲れたときだけ、若干駐屯クンニで休む。また左右に戻る。

以上が駐屯クンニの練習法である。最初に言ったように、これはあくまでやり方が分からない人のための説明であって、これのみが駐屯クンニであったり左右舐めであったりするわけではない。駐屯クンニ法をマスターして、女性の乱れる姿を堪能しよう。その上、女性から感謝されるというおまけ(実はこっちの方が大事だ。)つきである。


駐屯クンニの仕方

駐屯クンニの仕方をご紹介します、駐屯クンニの準備は、経験からなんですが、自宅では厳禁! 人によっては絶叫するレベルになることもあるのでラブホとかのほうがいいですよ。

駐屯クンニ、まずは前戯

「いきなりむいちゃ駄目よ」との指令でした。 いきなりクリトリスを直に触ると痛いそうなので、まずはむかずに。 汁が出てきたら、マンコの上を親指で軽く抑えて、上に皮を持ち上げるようにするとクリトリスが顔を出します。

駐屯クンニ開始

「ひょっとこ」のマネをしてみましょう。 どんな男前でも残念な顔になってしまいますが、我慢してください。 クンニしたくありませんか?我慢できますよね?そのままの顔でクリトリスを吸います。 チュウチュウという感じです。強すぎはNG!

駐屯クンニ、舌を使う

チュウチュウ吸ったままクリトリスを舌で弾きます。

吸う⇒クリが少し立つ⇒すかさず弾く、これを一秒間に3回から5回の割合で行います。「出来るか!」というアナタ。 出来ます!しかし家で自分の指などを使って練習しておくと良いでしょう。かなり死にたくなる光景ですが、クンニが上手くなると思えば我慢できるはずです。我慢できますよね?

駐屯クンニ、これを繰り返す

私の場合、多分2分くらい経った後、オーガズムが止まらなくなりました。 ちょっと今まで見た事ないような状態になった女の子が見れます。

かなりアニマルな感じになってしまうので、100年の恋も冷めてしまう可能性アリ。 恋人がいない人でセックスフレンド相手に試すほうが正解かもしれません。

07
2011

Comment

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。