スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

男の本音(これで貴方も理想の彼女)

QS_20110924-200343.jpg
男の本音(これで貴方も理想の彼女)


男は女をカテゴリー分けする
女性と交際しているとき、男は頭の中で「とりあえずつきあう相手」と「未来のパートナー」とを、明確にカテゴリー分けしているものです。
女性はそのことに気づきませんが、男からしてみれば、両者の違いははっきりしているのです。
もちろん男は、相手の女性がこのどちらのカテゴリーに入るのか、わざわざ教えるようなことはしません。
ですから、女性のほうは何とかして、男の本心を見抜く必要があるのです。
「とりあえずつきあう相手」と思われている気配があるのなら、相手の気持ちを問い詰めるべきです。

男が女と距離を置きたがる理由
男は交際している女性に対して、一定の距離を置くことがあります。自分の相手に対する愛を確認するためです。
もし、ふたりの間に何かすれ違いがあって距離をとった場合、何が間違っていたのか、どうすればやり直せるのかさえわかれば、男はたいていの場合もう一度やり直そうという気持ちになります。
ところが、すれ違いの理由がわからなければ、「彼女を幸せにすることはできない」と男は思います。 そうなると、男はやり直すことができず、その交際をあきらめてしまうのです。

男は女の沈黙が理解できない
喧嘩になったとき、しばしば女性は黙り込むことで男に対抗しようとします。 実際、女の沈黙ほど男を困らせるものはありません。
男は現実的な問題に取り組むようにできています。 職場などでストレートに話し合うことに慣れている男たちは、相手が黙り込む行動が理解できないのです。
相手の言い分に耳を傾けない女性の態度は、「あなたに私と話し合う資格なんてないわ」と言っているのと同じな
のです。
男は侮辱されたと感じ、こじれた関係がますますこじれてしまいます。
女性は納得がいかないことがあれば、もっと率直に、言うべきことを相手に伝える必要があります。

男はロマンスが苦手
女性と違って男はロマンチックなことが苦手です。
ロマンチックになるのは男の体質に合わないのです。
男らしく行動しなければというプレッシャーから、ロマンチックなことを寄せつけないようにしているのです。
だから、男がロマンチックな態度を見せるかどうかで、愛の深さを測るのは間違いです。

男は家庭的な女性が好き
男は何より家庭的な女性を好みます。 交際相手の男性には、ときどき身の回りの世話をしたり、手料理をつくってあげましょう。
「男は手料理に弱い」というのは、いつの時代も変わらぬ真理なのです。
自立心に溢れた女性なら、手料理や彼の部屋の掃除などしたくないと思うかもしれません。
しかし、しっかりと仕事に就いている女性が、ほんの少しでも家庭的なところを見せてくれるのなら、男は大喜びなのです。

男はスポーツ観戦の邪魔をされたくない
男はスポーツ観戦が好きです。 スポーツ観戦することによって、自分があたかもスーパースターになったような気分を味わうのです。
男は好きなスポーツのテレビ中継を見ているときは、それに全神経を集中します。 けっして、そばにいる彼女のことを無視しているつもりはないのです。
邪魔することなく、自由に試合を見せてくれる女性には、男も好感を持ちます。
自分の彼女が、一緒に好きなスポーツのテレビ中継を見てくれたら、男はもっと喜びます。
ただし、その試合に否定的なコメントを差しはさむのは厳禁です。

なぜ男は昔の彼女の写真を捨てられないのか?
女性と違って、男は昔の彼女の写真や手紙、アドレス帳をいつまでも捨てられないでいます。
こうした「過去の遺物」は男にとって、特別な記念品のようなもので、とても大切な思い出そのものなのです。
女性にとっては嫌でしょうが、なにも悪気があってこんなことをするのではありません。
男には時折、自分だけが大切にしている過去を振り返ることにより、ノスタルジアに浸る時間が必要なのです。
もしも、彼の部屋のどこかに隠してある、これらの品を見つけたとしても、寛大に見過ごしてあげるほうがベターです。
そのほうが今後の二人の関係も、いっそうスムーズに発展していきます。

なぜ男は誰とでも寝ることができるのか?
女性と異なり、男は何の愛情も感じない女性とだって寝ることができます。 その理由の一つは、男はいわゆる「女日照り」を何としても避けたいと考えるからです。
「女日照り」とは、男が女性に不自由する、餓えた状態のことです。
「女日照り」に陥った男は、「この機会を逃したら、次に女性の肌に触れられるのはいつになるかわからない」と焦るのです。
特に、失恋したばかりの男は、この「女日照り」に落ち込みやすいので、気をつけなければいけません。
25
2011

Comment

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。