FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

幼い頃の親子関係と恋愛関係

QS_20110907-113945.jpg
幼い頃の親子関係と恋愛関係

常に私達は恋愛や結婚などを意識してパ-トナ-を選んでいます。
心理学では、そこには自分の親子関係が非常に強く影響しているといわれています。
なぜ親子関係なのかを以下に説明していきましょう。


私達は成長していく過程において、様々なことを両親から学び受け取っています。人はすべてのことにおいて取捨選択を繰り返しながら人生を歩んでいきます。それらの選択基準というものは成長過程において、両親から得た影響が強いのです。

恋愛のパートナー選びについても人は選択をしますよね。心理学の視点からみたパートナー選びにおける2点の傾向をみてみましょう。



①両親から幼い頃に受けた心の傷を癒して欲しい
理想の親象は恋愛相手に求め、実の親とは全く正反対の性格をしているパートナ-に惹かれがちになります。
恋愛相手に親の代わりを求め、それにより過去の親子関係を取り戻すかのようにして幼い頃に受けた傷を癒してもらおうと考えます。
例えば、厳格な家庭に育った人は心優しい相手を。無口で楽しくない家庭で育った人は、会話が弾み楽しく過ごせる相手を選びます。



②幼い頃、失った自己を恋愛相手に見出し、パートナ-を理想化する
「自分はこうでありたかった」という幼少時代を送った人、あるいは現在の理想像を相手に求めます。例えば、親のしつけが厳しい家庭で育った人は、自由奔放で天真爛漫な性格の人に魅力を感じます。または性的に厳しく育てられた人は、より大胆でセクシーな人に魅了されます。
親子関係により傷ついた自己や失われてしまった自己を、無意識のうちに恋愛関係で回復させようとしているのです。



また、上記2点の傾向以外で、多くの人に当てはまるのが、自分の親と似ている相手を選択することです。

①習慣化した環境に対しての愛着
人間は習慣で日々を生活しています。無意識で、両親や今までの家庭環境に似た雰囲気をもつ異性に魅かれてしまいがちです。幼児時代に両親が共働きで一人で淋しい思いをした人は面倒見のよい優しい人を相手として選びたいと思うでしょう。



②同性の親の役割や行動
人はパ-トナ-を選ぶ際に、異性の両親と会ったりすると「この人とは絶対に結婚するまい」と決心することがあります。
例えば、自分の父親がだらしのない父親だったとします。娘はそんな父親をとても軽蔑して育ちます。自分の結婚相手は、絶対父のような男だけは選ぶまいと決意するでしょう。しかし、いざお付き合いをはじめてみると、その相手は実は父親にそっくりだったということはよく聞きますよね。

不通は、だらしのない父親には、その父親を支える母親がいます。もしも、娘がその母親のひたむきさや頑張りを素晴らしいと感じていて、それらが無意識のうちに自分の中に取り込まれていたとしたらどうでしょうか。
母親は父親の世話をするということに自分の存在価値を見出しているため、娘はそういった価値観を持っていることも考えられます。



③パ-トナ-を追い詰める
人は親から自分という存在を認めてもらうために、親の希望や要求を満たすように努力し、成長します。
そして、要求に応えられずに傷ついてしまった時、無理な要求をつきつけてきた親とは正反対の性格をした相手が欲しいと思います。

しかしながら、私達はその要求に応えることが自分の存在価値を認めてもらえるただ一つの方法だったために、その親の価値観も取り入れてしまって、自分が親から要求されたことを恋愛相手に全く同じように求めることがあります。

07
2011

Comment

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。