FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

絵文字の使い方など、モテるメール術

QS_20110905-113007.jpg
絵文字の使い方など、モテるメール術

寂しがりやの現代人に欠かせない恋愛ツール、携帯メール。メールを操る親指の能力、その名もズバリ「親指力」があれば、恋愛偏差値もググっとアップするとか。そこでお節介ながら、年内に恋を始めたいという男性読者のために、「恋愛メール5つの極意~女性の視点より~」をお送りしたいと思います!
極意1、長さはほどほどに
「用件だけのメールは悲しい!」(22歳、化粧品)という、カワイくて面倒くさい女のコたちのために、メールの長さは最低でも45文字以上を目安に。かといって、長すぎにも注意。「スクロールしてもなかなか終わらない超ロングメールは怖かった。絵文字も改行もなく、延々と自分の夢について活字で語られ、引きまくった」(26歳、研究員)というエピソードもあるので。長い話は、電話か直接会って話すようにしましょう。

極意2、「、」「。」は必ず使いましょう
「点や丸がないメールは、大雑把な印象」(25歳、SE)「私って大切に思われてないのかなー」って、女の子がイジけちゃうので注意してくださいね。ま、ココだけの話、女子同士だと点も丸も省略ってケースもままあるのですが…。(私の周りだけ!?)

極意3、「?」も必ず使いましょう
「独り言のメールなのか、質問されているのかわからない」(25歳、事務)と、女の子の心を悩ませてしまう場合が。女の子から返信が欲しければ、「?」を付けるのを面倒くさがっていちゃダメ!

極意4、絵文字の使用は“適量”が無難
「かわいい絵文字をいっぱい付けてくれるの嬉しい♪ 絵文字が一切ないのも男らしくていい(笑)」(24歳、看護師)といった具合に、絵文字の効果的な使い方とは微妙で難しいもの。そこで勇気を持って筆者が発表する、「絵文字の適正量」は、1画面に1~2個。(女子約20名にヒアリング後に出した自論です。)100文字前後のメールには1~2個。好みには個人差はあると思いますが、かなりオーソドックスな使用量かと。

極意5、語尾が意外とカンジン
「メールで男の子が、『~しような』とか言う、『な』が好き!『うんっ』って言って、シッポふりたくなる」(25歳、福祉)。語尾で爽やかさをアピールってことですね。ちょっと難易度高め? 一方、「『いまどこらへん?』という私からのメールに対する彼の返信『渋谷だYO!』。ギャ・ギャグだよね!?」(25歳、保険)というわけで、フザけた語尾は避けておいたほうが無難そう(笑)。

さてさて、少しはお役にたちましたでしょうか? こうして男性読者にメール作成の教鞭を執ったからには、自分の方もいわゆる「女子メール(絵文字とかでいっぱいのカワイイやつ)」の一つでも作ってみないとなぁと、呻いている私です……。(誰か教えて!)

05
2011

Comment

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。