FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

浮気心理(女性編)

QS_20110809-121728.jpg
浮気心理(女性)

男性に比べると女性が浮気をする可能性はかなり低いそうですが、それでも一昔前と比べると浮気に走ってしまう女性は増えてきているそうです。

浮気イコール派手な女性と思われがちですが、実際には見た目は目立つタイプではない普通の女性に限って浮気をしてしまうという場合が多いそうです。

男性と女性の根本的な違いについてですが、男性の浮気の場合は身体が目当てというパターンが多いそうです。しかし女性の浮気の場合は、浮気相手の男性を好きだから結果的に身体の関係になってしまったというパターンが多いとか。

このことからも分かるように、女性が浮気に走ったときには、浮気が本気になってしまう可能性があるということです。浮気が本気になってしまわないよう、思いやりともって女性に接するよう心がけてみてはいかがでしょうか。

人それぞれかもしれませんが、心から自分を大切に思ってくれているという意識が女性の中にあれば浮気はしないそうです。
パートナーの浮気が心配な男性は、まず心から思いやりを持って女性と接し、女性自身がパートナーに愛されているという自身を持ってもらえるように心がけてみましょう。

このことで女性の浮気を防ぐことができるかもしれません。しかし中には心の問題ではなく、身体が他の男性を求めてしまうという女性もいるそうです。
もしも自分のパートナーがこのようなタイプの女性だった場合は、浮気を未然に防ぐのは少々難しいかもしれませんね。

このように、身体が他の男性を求めているという女性の場合は男性の浮気の感覚に近いかもしれません。


浮気彼女

人から羨まれるほど素敵なカップルでも、彼女は浮気願望がある場合もあるそうですね。

浮気心が芽生えるとき、それはどんなときなのでしょうか。

彼にはない魅力を持っている人に惹かれてしまうのでしょうか。
彼のことを愛していても、それがすべてではないですね。これはとても贅沢なことかもしれませんが、誰もが心に持っている考えかもしれません。

もうちょっとお金持ちだったらよかった、もう少し話が面白い人だったらよかった、もう少し顔がよかったら、など一度でも考えた人はいるはずです。

しかしながら、彼女に浮気をされてしまった彼氏は悲惨なものです。友達に彼女を紹介した途端、彼女の浮気話が伝わってきた、ということもあるそうです。
友人の話によると、その友人も彼女に浮気されたんだとか。二人でいるときはそんな雰囲気すら感じさせないほど熱々あったそうです。浮気を感じさせないほど熱々だったのにもかかわらず、浮気現場を目的してしまったそうです。
仕事が理由で会えないと言っていたその日に、違う男性を仲良く手をつないで歩いていたところを目撃したそうです。

驚いたのがこの浮気相手との関係は一年以上も続いていたそうです。浮気していた理由は単純に「浮気相手が格好よかったから」だったとか。
さすがにこれには参ったそうで、その場で別れを告げたとか。

格好いい人と一緒にいるのが楽しかったからという理由で浮気をされたのでは惨めになるばかりではないでしょうか。

浮気していた理由が自分を嫌いになったという理由のほうがよっぽど楽だったことでしょう。


浮気妻

所の奥様たちが井戸端会議をしていると、「浮気」について話し合っている場合があるようですね。皆さん同じようにご主人に対して少なからず不満を持っているのだそうです。

毎日仕事で疲れていることを理由に夫婦の会話が減ったり、妻をお手伝いさんだと思いこんでいる旦那様が多いようで、意思の疎通が図れず自分勝手なご主人に対する不満があるとか。

このような話を耳にすると、やはり浮気の原因は家庭内にあるのだと痛感しますね。普段からパートナーが浮気をしないように未然に防ぐことがポイントとなっています。

長い間一緒に暮らしていると、夫婦間で相手を敬う気持ちが少なくなります。夫婦間で互いの良い一面をかもし出す場合もあるようですが、逆に価値観のズレとなってトラブルも起きてしまうそうです。

奥さんが浮気するパターンとして、その浮気の原因はご主人に女として見られなくなったこと、要は家庭内での自分の存在価値に疑問が生じるようです。このような不満が生まれないようにするためには、日頃からパートナーとどのように接したらいいのか考える必要があります。
パートナーが浮気をしてしまう原因を、まずは自分が作らないということです。

パートナーに対して優しさを持つことは当たり前ですが、パートナーの価値観や気遣い、感謝の気持ちを忘れず言葉にするということがポイントとなってきます。

ポイントとして例をあげてみましたが、まずは恋人だったころのことを思い出して見ましょう。

相手にどのように接していたか、当時のことを振り返りそのころの気持ちを忘れずにもち続けるということが、結果的にパートナーを大切に思いやることのできることに繋がるのではないでしょうか。

09
2011

Comment

おっしゃるとおり

よくわかってらっしゃるなーと感心しました☆
ホントそのとおりだと思います。

がしかし、わかっちゃいるけど道徳の教科書のように生きるのは難しい〜
  • 2011⁄08⁄10(水)
  • 06:14
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。