スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

軽度発達障害

QS_20110720-124359.jpg
軽度発達障害


概説
 人間の初期の発達過程が何らかの原因によって阻害され、認知、言語、社会性、運動などの機能の獲得が障害された状態を「発達障害」と呼びます。基本的には脳の機能的な問題が原因で起こるもので、知的障害、広汎性発達障害(自閉症)、高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症)、注意欠陥多動性障害(AD/HD)、学習障害(LD)などがあります。発達障害の原因は遺伝子異常、染色体異常、体内環境の異常、周産期の異常、生まれた後の病気や環境など様々ですが、多くの場合原因はわかりません。米国で予防接種のワクチンに含まれる水銀化合物が自閉症の発生と関係があるのではないかと報告されましたが、実証はされていません。
 発達障害児をもつ親の会では、発達障害を生まれながらの可能性や個性のあり方の1つだと考え、成長の中で困ることがなければ障害ととらえる必要はないと考えています。薬など医学的な治療の対象となることは少なく、療育や教育の中でどのように関わるかが問題とされることになります。
 障害の程度が軽く、一見普通と変わらない子どもたちを「軽度発達障害」と呼び、高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症)、注意欠陥多動性障害(AD/HD)、学習障害(LD)の3つが代表的なものです。障害がわかりにくいので、社会での認知度が低く、わがままや育て方の問題などとされていることが少なくありません。生活上の問題はけっして軽度ではないのです。学童期の子どもの5~6%が軽度発達障害と考えられており、とくに教育現場での適切な対応が求められています。

症状
・高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症)
 自閉症は、[1]社会性の障害(仲間をつくることが苦手、他人といっしょに楽しんだりすることが苦手)、[2]コミュニケーションの障害(言葉の発達が遅れ、おうむ返しが多い。ごっこ遊びや物まね遊びができない)、[3]興味や行動がかたよっている(習慣や儀式へのこだわり、同じ行動をいつまでも繰り返す)という特性をもっています。この中で、知的な遅れのないものを「高機能自閉症」呼び、さらに言葉に問題を持たないものを「アスペルガー症候群」と呼んでいます。関心ある領域には博士並みの知識をもっていることがあり、「自分の気持ちがすむかどうか」へのこだわりがあります。また動作が不器用であることが少なくありません。

・注意欠陥多動性障害(AD/HD)
 年齢に不相応な注意力の不足、衝動性、多動性を特徴とする障害で、社会的な活動や学業に支障をきたします。集団生活がはじまると特徴が次第にはっきりしてきます。「不注意」は忘れ物が多い、気が散りやすい、指示に従えず仕事を最後までやり遂げられない、気持ちを集中させて努力し続けなければならない課題を避けるなどの症状をさしています。「衝動性」は順番を待つのが難しい、他の人がしていることをさえぎったり邪魔したりする、すぐにキレて手が出てしまうなどの症状です。「多動性」は授業中にすぐに席を離れてしまう、手足をいつもそわそわ動かしている、しゃべりすぎる等が特徴です。チックを伴っていることもよくあります。

・学習障害(LD)
 一般的な知的発達に遅れはありませんが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論する、などの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示すものを学習障害と呼びます。読み書きがとても不得意、数の概念がわからなく計算ができない、テストの問題の意味がわからないなどの症状がみられます。

・2次的な問題
 これらの発達障害の症状とは別に、周囲から障害を理解されないために、同級生や教師から不当ないじめにあったり、家族から虐待されたりすることが少なくありません。それによって2次的に心因反応が起こったり、身体化症状が出たりすることがよくあります。

診断
 症状の項であげた項目を、面接や診察、質問用紙や発達テストなどを使って調べ診断を下すことになります。実際にはこれらの病気がきちんと分かれて診断されるとは限らず、症状が重なっていることが少なくありません。高機能自閉症・アスペルガー症候群はコミュニケーションの障害が中心、学習障害は「体験の整理」と「原則の発見」ができず習得能力の障害が中心、注意欠陥多動性障害は衝動コントロールの障害が中心、と大ざっぱに考えておくだけでよいでしょう。
 頭の中の目で見えるような病気の可能性を否定するために、脳波検査、頭部CT・MRIなどの検査を一度は受けておくほうがよいでしょう。判断が難しいときには、児童精神科医、小児神経専門医の診察を受けるのがよいのですが、都会を離れるとこのような専門家はわずかしかおらず、いても受診までに相当な時間がかかったりして、どこへ行ってよいか困ることが少なくありません。
※文中にあるオレンジ色の文字にカーソルを合わせてクリックすると、用語の説明が表示されます。

23
2011

Comment

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。